悪玉コレステロール 基準値

スポンサードリンク

スポンサードリンク

悪玉コレステロールの基準値 健診で初めて知る?

悪玉コレステロールとは、善玉コレステロールに相対するものであり、人体の血液中に存在するものですが、多すぎると血液系統においてなんらかの障害を発症する大きい原因となるものです。

 

したがって悪玉コレステロールとは、含まれる数値的な量としては140mg/dl以下が基準値とされています。したがって、それ以上になると過多状態になりますので、定期健診での血液検査の結果に注意してください。

 

一般的によくいわれているのは総コレステロールであって、正常値としての基準値は220mg/dlとされており、基準値を超えると高コレステロールと表現されます。この悪玉コレステロールに相対するのが善玉コレステロールとよばれるものです。

 

そしてこの悪玉コレステロールが上述の基準値を超えていくと、動脈硬化をはじめとして血流に関するいくつもの弊害が生じてきます。血管内部でのコレステロールの滞留による堆積が血管内部を細くしてしまい、最悪のケースには閉塞を起すといる危険が秘められています。

 

この症状が悪玉コレステロールのもっとも悪い結果なのであって、さらには心臓の疾患や脳梗塞などにつながることがあります。これらのことからこの"悪玉"という名称が生まれてきたものです。悪玉コレステロールを下げる基本は、悪玉コレステロールの原因を」よく理解し、正しい食事と適度な運動そしてストレスの軽減がもっとも大切なことです。


 

悪玉コレステロールを下げる方法には?

悪玉コレステロール(LDL)を効果的に下げる方法としては、食事方法と有酸素運動をバランスよく取り入れることでしょう。まず、食事としては、高カロリー及び高脂質の食材を使った食事をできるだけ避け、糖分の多いものも控えるようにします。

 

新鮮な野菜や、大豆たんぱく質をより多くとることを心がけ、青物の魚も積極的に食べるようにしましょう。もちろん、腹八分目にとどめることが大切です。食事間隔も規則的にして、間食、とりわけ夜食は悪玉コレステロールを増やす大きな原因になるので控えることです。

 

特に男性の方、飲み会の帰りに「ラーメン」を一杯。しかもスープまで全部飲み干す・・・悪玉コレステロールが加速的に増える原因の一つです。悪玉コレステロールを下げるもう一つの方法、それが有酸素運動です。

 

激しい運動をすれば悪玉コレステロールが下がるというものではありません。速めのウォーキングや軽いジョギングの有酸素運動は毎日30分位続けると、悪玉コレステロールを下げるほか、高血圧、高血糖値を下げる効果もあるといわれています。